オルニチンで高血糖・糖尿病対策

オルニチンで高血糖・糖尿病対策

オルニチンで高血糖・糖尿病対策

オルニチンで高血糖・糖尿病対策

オルニチンで高血糖・糖尿病対策オルニチンは様々な効果が期待できるアミノ酸です。

 

生命活動に必要な遊離アミノ酸の一種でもあり、体内でも生成されますが、外から積極的に補うことは総合的に体の調子を良くすることにつながると言われています。

 

とくに肝臓に対して働きかける作用が有名ですが、今日本国内で増加傾向にある「糖尿病」や「糖尿病予備軍」などの対策にも効果が期待できるとされています。

 

オルニチンは2つの方面から、高血糖を防ぎ糖尿病対策になると考えられます。

 

オルニチンの肝臓に働きかける力で糖代謝をサポート

オルニチンの主な働きは肝臓への作用です。肝臓に働きかける力が、高血糖対策につながります。肝臓内では様々な働きが行われていて、体内のエネルギー源になる糖質や脂質など摂取した栄養を代謝して貯蔵する役割があります。

 

つまり、糖質を代謝する働きは肝臓が担っているわけです。肝機能が低下して働きが悪くなると、糖をうまく代謝できなくなってしまうため、残った糖が血中に流れ出し、高血糖になってしまいます。その結果、糖尿病を引き起こすことになります。

 

オルニチンを摂取すると肝機能を高めることができるため、糖代謝もスムーズに行われて、急激な血糖値の上昇を抑えて糖尿病対策になります。糖質の制限だけでなく、オルニチンを摂取して肝臓の働きをサポートしてみましょう。

 

オルニチンの成長ホルモン分泌を促す力で高血糖を防ぐ

オルニチンには、加齢とともに減っていく成長ホルモンの分泌を促す働きもあります。成長ホルモンには、掻い摘んで言うと、血糖値の上昇を抑制する作用があります。インスリン様成長因子IGsなどのホルモンの分泌が流されます。これは、一般的なインスリンと似た成分であるため、高血糖対策になります。

 

血糖値が上昇してもこのインスリンの働きで、血糖値を下げることができるため、高血糖を防ぎ糖尿病予防につながります。オルニチンは直接的に、なおかつ間接的にも血糖値に働きかけるため、今増えている糖尿病リスクを低減できます。

▲TOP