オルニチンによる一酸化窒素の役割

オルニチンによる一酸化窒素の役割

オルニチンによる一酸化窒素の役割

オルニチンによる一酸化窒素の役割

オルニチンによる一酸化窒素の役割オルニチンが直接的に一酸化窒素を生成させるのではないですが、オルニチンを摂取すると間接的に一酸化窒素が体内で生まれます

 

そこに関わっているのが、オルニチンサイクルというメカニズムです。

 

肝細胞でオルニチンサイクルが行われています。オルニチンによって行われる流れで、オルニチンを再合成するなどを担っています。

 

その中で、オルニチンは体内で「アルギニン」という別のアミノ酸に変化します。アルギニンにこそ、一酸化窒素を生成する働きがあります。

 

一酸化窒素には、血管を拡張させる働きがあります。そのため、血流が良くなり血液循環がスムーズになります。すると、筋肉の柔軟性を高め、血管の筋肉もしなやかになるので、高血圧や動脈硬化といった生活習慣病対策になります。

 

また、血液の流れが良くなることで、「むくみ、冷え、肩こり」などの血行不良によるトラブルの改善にもなります。

 

その他に、神経伝達物質としての役割もあるため、この一酸化窒素は脳に良い影響を与えると考えられています。ちなみに一酸化窒素の働きについては、1998年にノーベル賞受賞者の研究テーマとして発表されています。

▲TOP