オルニチンの腎臓サポート

オルニチンの腎臓サポート

オルニチンの腎臓サポート

オルニチンの腎臓サポート

オルニチンの腎臓サポート肝臓と同じように生命活動にとって「腎臓」も重要な働きを担う臓器です。

 

もしも腎臓の機能が低下すると、腎不全などの病気を発症し、人工透析が必要になるなど不自由で危険な状態に陥ることがあります。

 

肝臓と腎臓は切っても離せないほど密接な関係がある臓器で、オルニチンは肝臓のみならず腎臓にも良い影響を与えるとされています。

 

腎臓の働きもサポート

肝臓で代謝された有害物質は腎臓でろ過され、体外に排出する役割があります。摂取したオルニチンは腸に吸収されたあと、各臓器や組織に運ばれ、腎臓にも届きます。腎臓に運ばれたとき、肝臓を助けるように、腎臓の働きもサポートする力を発揮します。

 

腎臓内で行われる解毒作用をh所することによって、アンモニアなど有害物質の解毒化と対外への排出をスムーズにすることができます。とくにオルニチン不足になると、腎機能は低下してしまうため、オルニチンを補うと、腎臓の働きを高めることができます。

 

有害物質のクレアチニンの排出を助ける

腎臓ではアミノ酸のクレアチンをろ過する働きもあるのですが、このとき発生するのが有害物質であるクレアチニンです。腎機能が低下していると、この有害物質を体外に排出される流れが滞ってしまいます。オルニチンが解毒作用を助けることによって、腎臓に有害物質が残るリスクを軽減できます。

 

また、腎臓はクレアチニン値で状態をチェックするのですが、腎機能が良いほどクレアチニン値は低くなります。オルニチンは、このクレアチニン値の上昇予防にも役立ちます

 

以上のように、肝臓に働きかけるのと同様に、オルニチンは腎臓の健康維持にもなる成分です。

▲TOP