オルニチンのストレス緩和&うつ病予防

オルニチンのストレス緩和&うつ病予防

オルニチンのストレス緩和&うつ病予防

オルニチンのストレス緩和&うつ病予防

オルニチンのストレス緩和&うつ病予防昔は精神的な心の病は気のせいなどと言われてきましたが、現在では深刻な問題ととらえられるようになりました。

 

日本国内では「ストレス社会」と呼ばれ、現代人の多くが過度のストレスを抱えて生きています。

 

そのストレスが自律神経に影響を及ぼすにことによって、うつ病の発症につながってしまいます。

 

うつ病の元にもなるストレスに対し、オルニチンは有効性が期待できることが注目されています。

 

オルニチンによるストレス緩和効果の仕組み

オルニチンといえば、肝臓の働きをサポートし、アンモニアなどの有害物質の解毒や疲労回復効果などに期待できます。そして、オルニチンとストレスの関係について、研究もおこなわれています。

 

オルニチンを継続的に摂取したとき、オルニチンを摂っていない場合に比べると、「考えがまとまらない」「イライラする」などの状態が見られなくなったという効果が確認されています。

 

ストレスを感じたときに分泌が増加する「コルチゾール」という物質の分泌も抑えられたとのことです。これらの結果により、オルニチンはストレスの緩和になると考えられます。

 

まとめるとオルニチンは、ストレスの軽減に効果が期待できます。また、ストレスになるのは疲労も原因です。体の疲労がストレスにつながることから、オルニチンによる疲労回復効果が、間接的にストレス緩和にもなります。

 

寝る前にオルニチンを補給すると、睡眠の質も良くなることからもうつ病対策になります。

▲TOP