オルニチンの効果:創傷・床ずれ対策

オルニチンの効果:創傷・床ずれ対策

オルニチンの効果:創傷・床ずれ対策

オルニチンの効果:創傷・床ずれ対策

最近注目されているオルニチンの効果が、「創傷、床ずれ」の予防です。

 

これらの効果については研究も行われています。

 

オルニチンによる創傷を治す効果

オルニチンの効果:創傷・床ずれ対策創傷の治癒には、アルギニンが有効成分として知られています。アルギニンには一酸化窒素を生成する働きがあります。その一酸化窒素により、血流が改善されて細胞増殖を促すことができます。

 

これらのアルギニンの作用が、創傷の治癒に有効と言われています。

 

それならオルニチンではなくアルギニンを摂れば良いのでは?と思いますが、アルギニンには創傷に良い反面、炎症や腎臓障害がある人に対して、あまりよくないとされています。その点、オルニチンは体に対する悪影響がなく、創傷にも効果が期待できます。

 

オルニチンを補給することによって成長ホルモンの分泌が促進されます。すると、コラーゲン生成が促されるため、創傷などの治りを良くすることができると考えられています。すでに欧米ではオルニチンは医薬品として認可されています。また、オルニチンは体内でアルギニンを作る元にもなります。

 

オルニチンによる床ずれ(褥瘡/じょくそう)の予防効果

寝たきりになると、褥瘡というトラブルが起こります。いわゆる、床ずれのことです。長時間同じ姿勢になり、体が床から離れないために圧力がかかることで、血流は悪くなり栄養障害を起こしてしまいます。その結果、体の皮膚に影響をもたらし、周辺組織が壊死してしまいます。

 

体の障害や高齢者になるとリスクがあるトラブルですが、この症状に対しても、オルニチンが効くという研究が行われているそうです。高齢者を対象に、オルニチン摂取を行ってもらう研究によると、褥瘡の悪化が少ないという結果が出ています。

▲TOP